ネットビジネスの現状と可能性

ネットビジネスは、今もてはやされるようになり、色んなものが取り上げられています。そのどれもが、簡単で、誰でも一山あてられるような、紹介をされていることが多いですが、そうでないことも有るのでそこは十分に調べて取り掛かりましょう。逆に言うと、「ネットビジネスは、いい加減なものが多くて、儲かるはずがない」と辛口でいう潮流もありますが、本当に利を得ることもしっかりあります。要は、いわれたからとか、どこかにかいてあったからとか、受動的に動くのではなくて、「ああ、なるほど、だから、儲かるのね。」と理解して能動的に動けば、必ずある程度は儲かるようになっています。いわゆる副業としては、申し分のないものということが出来るでしょう。

いわゆるネットビジネスには狭い意味と広い意味があり。狭い方はパソコン一つで進めて、それだけで利を得るというやり方です。広い方はパソコンで得られた情報でリアルの世界ての動きで、利を得るというものです。利益を得ることについて言うと、広い意味でのネットビジネスという風に考える方が妥当であります。そういう意味で言うと、広い意味でのネットビジネスは、次の4つになると言えるでしょう。

・アフィリエイト
・YouTuber
・転売(せどり)
・ネットショップ
一つ目がアフィリエイトになります。いわゆる狭い意味でのネットビジネそのものです。アフィリエイトとは、ある商品を紹介して、その手数料を報酬として受け取るという仕組みのネットビジネスです。具体的に言うと、あなたが1万円の商品をHPを通して紹介し、その商品が売れたら、2千円を紹介手数料としてもらうというものです。広告主の会社が設定した報酬条件を、あなたを通して達成すれば、報酬がえられるのです。メ-カ-である広告主は、多額の費用を払うことになりますが、それでも商品が売れることでの利益の方が大きいのです。このあたりの仕組みは理解して進む方が良いです。そんな広告主が集まるサイトを「ASP」と呼びます。・A8.net、バリューコマース、リンクシェアは、非常に有名なASPであります。これらの中に登録されている商品を、あなたの
・ホームページ
・メールマガジン
・YouTube
・ブログ
・フェイスブック
・インスタグラム
・ツイッター
を使って紹介していくことで、商品をかってもらい、手数料で稼ぐという流れになります。

二つ目がYouTuber(ユーチューバー)になります。子供の夢に「YouTuber」と書かれることもあるくらい、勢いのあるネットビジネスと言えるでしょう。一つのアフィリエイトと言えるでしょう。自分があげている動画が見てもらう回数に比例して、広告収入が入ってきます。いかに再生回数を稼ぐか?というのが、ポイントになります。 話題性のあるコンテンツを提供し続ける必要があるので、かなりしんどいネットビジネスではあると言えるでしょう。ただアフィリエイト全般に言えることですが、始めるのにお金はいらないのでリスクはゼロというのが魅力ではあります。

三つめが転売です。 転売(せどり)とは、安く仕入れたモノを高く売り、その価格差で利をえるネットビジネスになります。古本の転売はつとに有名ですが。他の商品でも同じことが十分可能です。そんな転売の最大のメリットは、すぐに成果が出るということに尽きるでしょう。 長期的に見た収益よりも、まずはネットで稼いで実績を作りたい人に向いているでしょう。

四つ目がネットショップになります。 ネットショップは、ウェブ上にショップを構えて商品を販売するネット型の通販サイトです。そこで扱う商品は、 販売する商品はオリジナルの商品でもよいし、 問屋から仕入れた既存の商品でも構いません。売れるものを扱えばよいのです。ただ在庫を抱えて通信販売するのはリスキ-ではあるので、楽天・ヤフー・アマゾン等のモール型サイト、Stores(ストアーズ)・BASE(ベース)などといった ショッピングカートと連動した無料サービスを使うという手法が一般的になっています。ネットショップのメリットは、 大きな売上が見込めること、 固定客が付けばそれなりに安定した売上が継続できる事でしょう。

これらを単独で、あるいは並行して進めることで、副業としては十分な利益が取れるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です